2015年春・夏は「デニム素材」に注目!

2013年頃から人気が再燃してきていたデニム・アイテム。
2015年春・夏にはこのトレンドが更に推し進められ、Gジャンやダンガリー素材のアイテムが豊富に揃うことが予想されます。
ダンガリー素材については昨シーズン頃から特に濃い目の色のものが多く出回り初めていましたが、今季は更に色展開が広がり、明るいブルーから濃いインディゴまでのバリエーション、更にはカラー染めをしたダンガリーも出る様子を見せています。

春アイテムのトップスとしてはアウターにGジャン、また定番アイテムであるジャケットやトレンチコートの中にダンガリーシャツ等。
夏以降のアイテムとしては、ダンガリー素材のワンピースやノースリーブシャツ等も多く出るようです。
現在人気のニット+襟シャツの組み合わせでもダンガリーシャツを取り入れる傾向が強まります。

今季のデニム・コーディネートの特徴としては、レディース・ファッションでは久々となる「上下デニム」の着こなしが提案されているということです。
例えばぴったりと体に沿うダンガリー・シャツに、タイトなジーンズ素材のスカートを合わせると言ったデニム・オン・デニムの新鮮な着こなしが「今年らしいファッション」となるでしょう。
またスカートだけでなくGジャン+細身ジーンズ等の着こなしもパリ・コレクションで多く見受けられました。

どちらかというとスリムでタイトなスタイルのものが主流となりますので、自分の体に合ったデニム・アイテムを見つけることが大切になりそうです。
日本のアパレル・ブランドではストレッチ素材の高品質なデニムアイテムを出す傾向にありますから、タイトなスタイルを追求するのであれば、このような素材を選ぶのも一つの手と言えます。

ただし、これはレディース・メンズを問わず言えることですが、上下デニムの着こなしは少々難しいもの。
一歩間違えると、一気に「ファッションに興味がまるで無い人」のような野暮ったさが生まれてしまう難易度の高いコーディネートともなっています。
そのためデニム・アイテムについてはそれ自体のデザインはシンプルなものを選び、アクセサリーや靴などの小物使いでセンスを見せるのが良いでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る